赤青バイクについて Part2

この記事読む前にPart1を読むことをオススメする。
別に読まなくてもいいぜって方はそのままスクロールして行って欲しい。

~構築と役割について〜

4×一撃奪取 トップギア
4×異端流し オニカマス
4×轟速 S
2×奇術師 ディール/「本日のラッキーナンバー!」
4×終末の時計 ザ・クロック
1×単騎連射マグナム
4×暴走ザバイク/ブンブンバースト
4×轟速ザゼット
2×ドンドン吸い込むナウ
2×超音速 ターボ3
4×熱き侵略 レッドゾーンZ
4×轟く侵略 レッドゾーン
1×禁断 〜封印されしX〜

最終的なリストはこちら。

Part1の時の構築から単騎を増やした。
トリガークリーチャーからの負け筋を1%は減らしたいと思い、ターボ3を減らし単騎連射を入れた。
あとは殿堂カードが弱いわけない。以上。

〜各カードの役割について〜

一撃奪取 トップギア
まずはレッドゾーンって言うデッキタイプにおいての初動というポジション。
2→4からのレッドゾーン侵略というムーブはやはり、マナが少ないうちに盾を減らすことで相手のトリガー要求となる為、4枚採用。 またジョーカーズの洗脳センノーを複数枚出された際のウィニープランを取る際に必要なカードなため削る事は出来ないと考えた。
抜いてる人がいたがそれはそれで個人的にはありだと思うが、やはり理不尽ムーブが弱いわけないと考えているが1度は試してほしい。

異端流し オニカマス
こちらが出せば最強カード、出されるとウザさ極まりないカード。
バスターに対しては2ターン目または、3ターン目にはプレイしたいカードである。
ビートダウンで選ばれないアタッカーが強いことは赤緑サンマッドや、初期の頃のアナカラーデッドゾーンに入っていたアンタッチャブルと同じだと思っている。
主に各種バスター、アナカラーシャコガイル、ロージアダンテ、ブライゼシュート、同型に非常に効果的なカードなため最大枚数採用。

轟速 S
3コストのコマンド持ちの強制アタッカー。毎ターン強制アタックというデメリットを持っているが、5000というパワーラインもあり、殴り返しがあまり無いのがメリットでもある。Sから吸い込むで上バイを持ってきていらないカードを退かしながら走ることが出来るということもあり、最大枚数採用。
1番最軽量の封印外せる要因として優秀である。

奇術師ディール/「本日のラッキーナンバー!」
このカードは単騎にもなれ、ラフルルにもなれる1度で2枚分の役割を持っているカード。このカードは回している際に、ハンドキープが難しく埋めてしまうことが多く2枚まで減らしてしまった。
このカードはターボ3または単騎連射マグナムと回した感じで決めてもらいたいカードである。

終末の時計 ザ・クロック
盾からトリガーすれば確実にターンが貰えるカード。
レッドゾーンってデッキタイプは先に走ることが出来ることが多い場合があるので確実にターンを貰えるカードのクロックは最大枚数採用している。青マナとしても活躍してくれる縁の下の力持ち的な存在である。

単騎連射マグナム
このカードは環境によってラッキーナンバーやターボ3、吸い込むなうに差し替えることがいいかもしれないと思っている。
シノビ、トリガーの生き物など全てをケアできるカードだが、都合よく引けないと弱いと思っているがロージアにボコボコにされた為、採用した。殿堂カードはさいきょうよ!

暴走ザバイク/ブンブンバースト
洗脳センノーにメタを張ってる下バイク。
sからブンブンバースト侵略というムーブや、単純な除去札、4コストSAとしてザレッドに劣ってる部分がないためザレッドより暴走ザバイクを最大枚数採用。

轟速 ザ ゼット
SA2打点としても使うことが多い。
4コスバイクとして7000ラインで今の環境だと破壊されにくいこともあり、1ターン置いて次のターンにラッキーナンバーを使って走ったり、吸い込むを唱えて上バイクを回収し走ることも出来る1ターン渡しても生き残りやすい下バイクとして最大枚数採用。

ドンドン吸い込むなう
サーチ兼受け札として使うカード。
このカードもラッキーナンバー、単騎、ターボ3と使い勝手を見ながら入れ替えて使ってほしいカードである為、今は2枚にしているが増やしたければ増やしてもいいかもしれない。

超音速ターボ3
リソースを稼ぐ札。ラッキーナンバーを引き込みに行けたり、上バイクを引き込みに行ったりなど良きカードであるが、現環境だと、封印を外したい対面が卍しかいないこと、手札をキープするとチュリスバスターアパッチでジャスキルを通されることもあり、2枚である。

熱き侵略レッドゾーンZ
ロージアダンテのエメラルーダで埋められた盾、ブライゼシュートのフェニックスライフ、エメラルーダの盾に触ることなく割ることが出来るカード。
また打点調整出来る為、最大枚数採用。
ギアバイクZゾーンで相手は死ぬと書いてあるのであまり抜きたくはないカード。

轟く侵略レッドゾーン
理不尽ムーブ、除去しながら3点をぶち込むことができる良いカード。
トリガーからの生き物をケアすることは出来ないがブライゼシュートみたいなデッキタイプには打点をうまく調整出来る。
パワーラインが最近だと2000か4000か1000で小型が固定化されているため除去する範囲が多く取れる。
逆に言うとトゥリオバスターのようなパワーラインが自然とズレているデッキにはあまり強くはない。
だが、コンセプト上必須カードともあり、最大枚数採用。

あくまでこれは筆者自身の採用理由である。
気になる方は回して確認してもらいたい。

不採用カードについて

乱舞舞神 GWD
レッドゾーンと違い確定で相手の生き物を倒しながらリソースを稼ぐことが出来るカード。sと組み合わせたら強いが、やはり止まることが出来ないことと、
最近のウィニーがパワーラインが並ぶことが多く、レッドゾーンでことが足りると思い不採用である。
このカードは、上の方の解説で調整枠がいくつかあったと思うがそこのカードと入れ替えながら調整していってほしいと思う。

轟速ザレッド
ザバイクよりは基礎パワーが強いがそこまである。
つまりそういうことである。

超轟速 マッハ55
ターボ3と環境によって入れ替えてもいいかもしれないが、他のカードとどのカードよりも優先度は低いカードである。
1枚でゲームを終わらせることが出来ない、出して強い対面がバスターか卍しか思い当たらなかった為採用には至らなかった。

超轟速 レッド・エンド
殴り返しとかにはめっぽう強くなるが、
そこまでして使いたい訳でもなく抜けました。

龍脈術 落城の計
普段の赤青レッドゾーンならラッキーナンバーの枠がこちらになっている。
落城のメリットとして、
ダイスを剥せる
カウンター要素が増える
軽量除去札
があるが、
上のダイスを剥せるのはラッキーナンバーでもコストが選ばれた呪文だけではあるが、単騎にもなれる。
軽量除去札は吸い込むなうで手札を減らさずにSで走れる為、今回は不採用になりました。

禁断の轟速 レッドゾーンX
ターボ3と環境に合わせて使い分けが強いと思う。ただ個人的にはターボ3の方がラッキーナンバーを引き込みに行けるなど、
利点が墓地から出現し、ザゼットを場に残すしか見当たらず不採用。
デスマッチビートルが入ったデッキタイプ(主にゲイル、成長ダンテ)が流行り始めたらターボ3と入れ替えてもいいかもしれない。

この辺が採用、不採用のカードの理由である。


読んでいただいてる方はあまり居ないと思うが読んでいて気になったら僕のTwitterまで質問でも送ってください。
出来る限り回答したいと思う。

最近結果を残した赤青バイクの方々が僕のブログを読んで握って優勝したみたいでほんとにめでたいと思う。



次元を書き忘れたんでおすすめは
ダーツデリートの次元
赤黒バスターの次元。

僕はダーツデリートの次元でCSに行き、対面した中学生くらいの子に
「このデッキで3-0ですか!やば!」みたいなことを言われた為ダーツデリートの次元は使わないようにと心を決めました!


おわり。

ここまで読んでいただきありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント